ページ上部のメニューを
「スクロール」すると、
その他メニューが表示されます。

モラルハラスメント

離婚で身を守る。自殺に至りかねない、夫(妻)からの深刻ないじめ

モラルハラスメント(略してモラハラ)とは、言葉や態度で相手の心や尊厳を継続的に傷つけて追い詰める、精神的暴力のことです。“ハラスメント”には、嫌がらせ、いじめの意味があるので、シンプルに精神的いじめ、と言った方が、いじめによる自殺が頻発している昨今、その罪深さを実感していただけるかもしれません。
職場の問題として話題になることが多いのですが、ここ数年、離婚原因としても急増しています。

モラハラと精神的DVの違いは?

明確な線引きはむずかしいのですが、DVを行う夫(妻)は多少なりともやましい気持を持っているのに対し、モラハラの場合は「自分は世間の常識で考えて正しいことを言っている」と思って行動するので、相手を傷つけているという自覚が無い場合が多いのです。それに引きずられる様に、モラハラを受ける側も、自分はダメな人間だと巧妙に思い込まされてしまい、自分が被害者だと気付かず、周囲にも理解されないまま短時間で精神的に追い詰められて行きます。
モラハラが続くと、倦怠感、不眠などの機能障害を経て、胃潰瘍、大腸炎、目まい、皮膚病などの心身症の発症へとすすみ、慢性的な抑うつ状態から、自殺に追い込まれる可能性もあります。モラハラの提唱者であるフランスの精神科医マリー=F・イルゴイエンヌ氏は、モラハラを「精神的な殺人」と表現しています。

具体的にどんなことをされるのでしょう

二言目には「養ってやっている」と言ったり、ため息や舌打ちで日常的に不満をほのめかすのは、モラハラ行為です。その他の例をいくつかあげると

  • ・バカだ、ダメだ、などの否定的な言葉を頻繁に口にする
  • ・人前で笑い者にする
  • ・理由なく無視する
  • ・怒鳴ったり、物に八つ当たりするなどして怖がらせる
  • ・外出などの行動制限
  • ・生活費を渡さないなどの経済的制限
  • ・日常生活で気に入らない事の全てを妻(夫)のせいにする
  • ・食事を一緒にしない・・・ etc.

一見些細な言動でも、それが繰り返され持続されることで、被害者の精神は大変傷付けられます。また、モラハラの加害者は、一見良い人である場合が多いので、被害の実際が周囲に理解されにくいという問題もあります。

自分は被害者と気付いて行動を起こしましょう

  • *モラハラ攻撃から離れて、冷静に考えるために、まず別居をしましょう。
  • *心身に不調をきたしていたら、症状が重くならないうちに治療やカウンセリングを受ける必要があります。
  • *話し合いが必要ですが、そもそもモラハラをする人が、冷静に話し合いに応じるとは考えにくいので、公的な相談機関や家庭裁判所の調停を利用したり、裁判に持ち込むことになるかもしれません。

夫婦間のモラハラは表に出にくく、まだまだ問題の深刻さが社会的に認識されていません。早い段階で一度、モラハラに詳しい弁護士に相談されることをおすすめします。(別居費用の請求などについても相談できます)

証拠集めが大切です

モラハラが法定離婚原因として認められるには、あまりにもその程度がひどく、有力かつ婚姻を継続しがたい事由としての証拠(相談記録、医師によるうつの診断書、日記・録音等)が必要です。しかし、モラハラは証拠がつかみにくく、調停委員にさえ、わがままと誤解される事が往々にしてあります。医師やカウンセラー、公的機関への相談記録は、有力な証拠になるので、きちんと残しておきましょう。大変でしょうが、日記をつけたり、録音をして、被害を記録することも有効です。

Point1

モラハラは、最悪の場合自殺に至る、精神的暴力=いじめです。
自分は被害者だと気付いて、早急に加害者から離れましょう。

Point2

別居期間が長いなど、既に、夫婦関係が破綻している場合や、何らかの原因で家族の社会生活が困難な状況に陥っている場合は、「法定離婚原因」に該当しなくても、裁判離婚が成立する場合があります。

Point3

暴力による傷の診断書や写真は有力な証拠になります。

いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。

ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
  • Re-StartのFacebookページはこちらから
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所

    〒600-8216 京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041
初めての離婚相談