メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所
リ・スタートするための
「離婚相談ブログ」
2017年12月20日
カテゴリ: 解説調停

離婚にあたって,よく出てくる用語です。

離婚に際してやりとりするお金の名目には,「慰謝料」「財産分与」「養育費」というのもありますが,「解決金」という名目もあります。

「慰謝料」というと,不貞とか暴力とか,何か悪いことをして,結婚が破たんしたときに,原因を作った方が相手方にそれについて謝罪する趣旨のお金ということになりますし,「財産分与」というと夫婦で築いた財産を離婚に際して分けるという趣旨です。「養育費」は親権を得なかった親が,実際に養育する親に対して子供の生活費などを払うという趣旨です。

それでは,「解決金」というのはどういう意味かというと,お金の趣旨をはっきりとさせないで,「とりあえず,これで別れることを了承してください」という趣旨のお金ということになります。

調停や協議離婚でも弁護士が関与する場合の離婚条項には,「解決金」が頻出してきます。離婚にあたっての話し合いで,それぞれ言い分はあるけれども,どっちが悪いとかいうあたりはグレーにして,早期解決のために,名目についてははっきりせずに,お互い実をとるという知恵です。

たとえば,妻が夫の暴力や不貞(疑い)などで傷ついて,結婚生活が破たんしたとしても,夫の言い分としては,いろいろと妻の態度に不満があり自分だけが一方的に悪いとは思っていない場合など,妻の今後の生活の援助金としての意味も込めて,慰謝料ではないけれど,一定のお金を払って,お互い納得して話し合いにより離婚成立というときに,「解決金」という言葉であればお金を払うほうも受け入れやすいのです。

妻にしてみても,財産分与として請求できる金額に加えて,お金が上乗せされるのであれば,名目についてはこだわらないということはよくあります。こうして,「解決金」という名目のお金がやりとりされるわけです。

また,離婚にあたって,どちらが悪いというわけでもないということを双方が認識している場合でも,離婚が成立するまで夫が婚姻費用を払い続けるよりは,早期解決のために,2年分相当額の婚姻費用を解決金として払うので,現時点で離婚に応じてほしいという場合も,解決金が登場します。

家裁の調停の現場では,上記のような趣旨で解決金という言葉をよく利用しました。

 

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
Re-StartのLINE@はじめました。
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041
初めての離婚相談