メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所
リ・スタートするための
「離婚相談ブログ」
2019年11月21日
カテゴリ: 養育費・婚費

相談者:「離婚のときに養育費の約束をして、きちんと公正証書まで作ったんですけど、元夫が払わないんです。給料とか、差し押さえして回収できますよね?」

弁護士:「元夫の勤務先とか、預金をしている金融機関の支店名、わかりますか?」

相談者:「えぇっと、元夫は転職したみたいで、今の勤め先わからないんですよね。預金をしている銀行も支店も、今はちょっとわからない・・・。」

弁護士:「ほかに何か資産はありませんか」

相談者:「う~ん、離婚してから連絡とってないので、わからないですね・・。」

弁護士:「元夫の財産が何もわからないと、公正証書があっても差し押さえて強制的に回収するのはむずかしいですね・・・。」

相談された弁護士としては、なかなかつらい回答なのですが、こういったご相談はよくありました。

 

離婚の際に公正証書や調停調書等で養育費の約束をしていたのに、離婚後、元配偶者が支払わなくなった場合、これまでは、元配偶者の勤務先や預金の存在する金融機関名や支店名等まで把握できていないと、強制執行を行って元配偶者の資産を差し押さえることができませんでした。

このように、裁判等で決めた養育費が支払われず、金銭的に苦しむひとり親家庭が多いことが問題となっていたことも一端となり、2019年5月10日、民事執行法が改正され、「第三者からの情報取得手続き」の制度が新設されました(施行は、原則として、「公布日(同年5月17日)から1年を超えない範囲内において政令で定める日」とされています)。

 

この新制度によって、強制執行ができる確定判決等を持つ債権者は、一定の要件のもと、裁判所に申し立てをして、以下の情報を取得することができるようになります。

  • 金融機関(銀行、信金、労金、信組、農協、証券会社等)から預貯金や、上場株式・国債等に関する情報
  • 市町村、日本年金機構等から、勤務先に関する情報
  • 登記所から、土地・建物に関する情報

※②については、「養育費等の債権」や「生命・身体の侵害による損害賠償請求権」を有する場合に限られます。

 

このように、預貯金や勤務先を見つけられ、差し押さえられる可能性が高くなると、支払義務を負っている親としては、逃げずに支払おうと考える契機になりますので、結果として支払いが履行される確率が高まると思われます。

ただ、この制度は、単なる当事者の合意の書面では利用できず、調停調書や公正証書などを取り決めておく必要があります。今からでも遅くありませんので、養育費でお困りの方は、ぜひご相談いただければと思います。(弁護士 小川 弘恵)

 

同じカテゴリの最新記事

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
Re-StartのLINE@はじめました。
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041
初めての離婚相談