メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所

浮気をする妻をパートナーとして信頼できない。

最近、妻の様子がおかしい。家事や炊事が雑になってきたし、外出する機会が増えている。昼間、電話やメールをしても返事がない。浮気をしているに違いない・・・妻の浮気で離婚をを考えるとき、夫(男性)はどうする?

こんなとき、離活をどう進める?

「疑惑」だけでは離婚できない。では、どうする?

夫・妻に関係なく、浮気を理由に離婚をする場合、「浮気の立証責任」は離婚を切り出す側にあります。裁判までを想定している場合、浮気相手とホテルに入る写真、ホテルの領収書などの証拠を、できるだけ多く揃えることが必要です。

心得その1

証拠があれば、慰謝料の請求も可能。

妻の浮気を証明する証拠を確保したうえで、離婚の話し合いに臨むのが良いでしょう。また、妻の浮気が明らかになる証拠(1回限りの浮気ではなく「継続的に肉体関係を持っていた」ことを立証することが望ましい)があれば、妻と浮気相手に対して慰謝料を請求することもできるので、まずは証拠を集めることに努めてください。ただし、長期間別居しているなど、既に夫婦関係が破綻している場合には、慰謝料を請求することはできません。「証拠集めをしたくても、仕事が忙しい」といった場合には、相応の費用が必要になりますが、興信所などの浮気調査を利用されることも一つの手段です。

心得その2

手元に残る財産を予め把握しておくこと。

離婚にあたっては、財産分与まで視野に入れておく必要があります。結婚してから現在までに築いた財産は、たとえ妻が専業主婦だった場合であっても、「夫婦二人で築いてきたもの」とされ、夫がよほどの高額所得者でない限り、財産の半分は妻のものとなります。住宅や自動車を購入したのであれば、その名義やローン残債なども予めチェックしておきましょう。「お金は払っても良いが、自宅や自動車は手放したくない」「住宅は共有名義になっている」といった場合は、弁護士に相談して最適な分与方法を検討しておくことをお勧めします。

心得その3

「不利」な場面があることも考慮しておく。

離婚という場面では、法律は女性を守ろうとする立場に立つことが多いため、男性としては「不利」に感じられる場面も少なくありません。先ほどお話しした財産分与の件もそうですし、子どもがいる場合には、いくら妻が浮気をしたといっても、子どもの親権については女性(母親)が有利という現実もあります。それらを十分に考慮したうえで、慎重に離婚の話し合いを進めていきましょう。なお、話し合いの際には「離婚の条件」をできるだけ具体的に決めて、その内容を離婚協議書にしておくことをおすすめします。

1分で知る離婚の法律
「男性の離婚のポイント」

弁護士への離婚相談で分かること

  • 「浮気」の立証方法と必要な証拠の内容
  • 適正な財産分与の方法、慰謝料請求の可否
  • 財産分与や親権など夫が不利な内容と対策
いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
LINE公式アカウント
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談