メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所

二人で老後を過ごすはずが、妻から離婚を宣告された!

子どもたちが成人し、私も間もなく定年退職。妻とのセカンドライフについて考えていたところ、「離婚して、自由に生きて行きたい」と宣告されてしまった。あまりに突然のことで、どうすれば良いのか分からない・・・。

こんなとき、離活をどう進める?

関係修復に向けて最大限の努力を。

穏やかなセカンドライフを妻と共に歩んでいくつもりが、まさかの離婚宣告。相当なショックを受けておられることと思います。しかし、離婚の成立には「婚姻を継続し難い重大な事由」が必要ということもありますし、これまでの夫婦関係に大きな問題がないようでしたら、関係修復に向けて最大限の努力をしてみましょう。突然の離婚宣告は、コミュニケーション不足で起こることも多いので、まずはお二人でじっくりと話し合う機会を設けることから始めましょう。

心得その1

妻の決意の程度、別れる理由を明確にする。

妻が「一人になりたい」と考える理由や原因が明確でなければ、話し合いによって関係を修復できる可能性は十分にあるはずです。妻が何らかの不安や不満を抱いている場合でも、それを改善することができれば、関係修復は可能かもしれません。もしも本当に離婚することになっても、理由・原因が分からないままでは、あなたも納得できないはずです。前向きな再出発のためには、理由・原因を知ることが欠かせません。なお、決意の程度や理由・原因を確認するにあたっては「大切なパートナーである」という想いがあることを、きちんと伝えることを忘れずに。

心得その2

セカンドライフのプラン共有を試みる。

これまでにセカンドライフについて話し合いをしたことがない場合は、これからの人生について二人でじっくりと話し合うことが必要です。具体的なセカンドライフのプランやイメージを共有することができれば、お互いの気持ちが別々の方向に向うことはなくなり、これまで以上に良好な関係を構築することもできそうです。話し合いの結果、お互いのプランやイメージに大きなズレがある場合には、できるだけ前向きな形で新たな人生を歩んでいけるよう、気持ちを切り替えるほうが良いかもしれません。

心得その3

財産分与や年金分割の話し合いは慎重に。

妻の気持ちを尊重し、離婚に同意することになった場合は、これからのお金の問題について落ち着いて対応するようにしましょう。財産分与や年金分割といった問題については、後でトラブルが発生することがないよう、とくに慎重に、上手に話し合いを進める必要があります。できるだけスムーズに、そして、前向きに話し合いを進めたい場合には、弁護士によるサポートが有効です。

1分で知る離婚の法律
「男性の離婚のポイント」

弁護士への離婚相談で分かること

  • 離婚の可否の判断
  • 妻との話し合いの上手な進め方
  • 財産分与や年金分割の金額、手続きの方法
いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
Re-StartのLINE@はじめました。
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談