メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所

第二の人生を自分らしく送りたいけど、経済的な不安が・・・。

子供たちも独り立ちしたこともあり、夫と離婚し、自分らしさを取り戻して第二の人生を送りたいと考えています。そうは言っても、自由気ままに暮らせるだけの蓄えがある訳でもなく、経済的な不安が残っています。

こんなとき、離活をどう進める?

まずは「経済的不安を取り除くこと」を考える。

長年連れ添った夫と離婚して、自分らしいセカンドライフを・・・と望まれる方は、たくさんいらっしゃいます。ですが、やはり「経済的な不安」を抱えた状態では、離婚手続き自体をスムーズに進めるのに支障となりますので、離婚話をすすめる場合は、以下のような点を考えながら準備を進めていきましょう。

心得その1

リアルな生活設計を立ててみる。

結婚している間は、夫婦が共に支え合って生活していくことができます。しかし、離婚すればパートナーに頼ることはできず、安定した生活を送るためには、それ相応の収入が必要になります。また、行政の支援を受けるのか、ご自身の蓄えでまかなうのかといったことも含めて、生活設計の見通しを立てることが大切です。また、別居しながら、夫から婚姻費用の支払いを受けることも考えられます。

心得その2

「今まで通りの生活」は、できる?

離婚をする場合、これまでに夫婦で築いてきた財産を1/2ずつに分ける「財産分与」が行われることになります。ご家庭にある財産は、大体どのくらいか検討がつくでしょう。しかしながら、現実にはそれらを利用して「今まで通りの生活」を続けるのは難しいことが実情です。先ほどもお話ししましたが、まずは婚姻費用を受け取りながら別居し、納得できる離婚後の暮らしを実現する方法を考えましょう。

心得その3

どうすれば納得できるのか?を考える。

離婚後、納得できる生活を送っていくためには、経済的な問題をクリアすることが大切です。ご自身の年齢や経験・キャリアを客観的に見つめ、「できる仕事」「得られる収入」をもとに、入念に生活設計を立ててみましょう。引っ越し費用、家賃、毎月の生活費などをしっかりと計算し、本当に一人だけで第二の人生を歩んでいけるのかをシミュレーションしてみることが大切です。弁護士にご相談いただければ、財産分与で得られる金額の目安から、生活設計の立て方、離婚に向けての具体的な準備や手続きの方法が分かります。分からないこと、不安なことは、「みお」の弁護士と一緒に解決していきましょう。

1分で知る離婚の法律
「女性の離婚のポイント」

弁護士への離婚相談で分かること

  • 離婚の可否の判断
  • 離婚後の生活設計の立て方
  • 財産分与の大まかな見通し
いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
LINE公式アカウント
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談