メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所

私に内緒で借金を重ねていた夫。もう信用できません・・・。

夫の部屋で見つけたクレジットカードの請求書。帰宅した夫を問い詰めると、何年も借金を重ねていたことが発覚。頑張って節約してきたのに、収入の多くが返済に充てられていたなんて。もう夫を信用することはできません。

こんなとき、離活をどう進める?

離婚の検討は「借金の理由」をたしかめてから。

あなたの知らないところで、夫が多額の借金を重ねていたという事実を知ってしまったら、夫を信用することができなくなるのは仕方のないことです。「夫が多額の借金をしていた」ということは、たしかに大きなダメージを受ける出来事ではありますが、それを理由に離婚できるかといえば、実はそう簡単にはいきません。まずは「なぜ借金をしたのか?」について確認するなどしながら、今後の対応を冷静に考えていきましょう。

心得その1

やむを得ない借金か?単なる浪費か?

夫が陰で借金を重ねてきたのには、何らかの理由があるはずです。たとえば、「住宅ローンや教育費を支払っていた」「会社の運転資金に充てていた」「減収分を借金で補っていた」など、やむを得ない事情で借金を重ねていた場合は、あなたに内緒で重ねた借金であったとしても、同情の余地もあるでしょう。ところが、「ギャンブルのための遊興費」や「飲み屋での飲食費」、さらには「浮気相手にプレゼントを買うため」といった浪費が理由で借金を重ねていた場合は、夫婦間で大きな問題になるのも致し方ないことと思います。

心得その2

「離婚が認められる借金」にあたるのか?

先ほど挙げた借金のうち、「住宅ローン」「教育費」「会社の運転資金」といった借金については、「夫婦が日常生活を送るうえで必要な費用」と考えることもできます。したがって、それらの借金を理由に離婚の裁判を起こしたとしても、離婚が認められることはほぼありません。ただし、必要以上に借金を重ねていたり、借金を止めるよう説得しているにも関わらず改善されなかったような場合には、離婚が認められることがあります。
一方の「遊興費」「飲食費」「プレゼント代」といった借金については、単なる浪費であることは明らかです。浪費がたたって、生活を破綻させるような借金を作ったような場合は、「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当し、裁判で離婚が認められる可能性があります。

心得その3

借金の返済、財産分与、慰謝料などはどうなる?

離婚をするにあたっては、どうしてもお金の問題を考える必要が出てきます。借金問題が絡む離婚の場合は、「夫の借金を一緒に返済する必要があるのか?」「借金が原因で離婚することになった場合、財産分与はどうなるのか?」「借金がある夫に対して、慰謝料は請求できるのか?」といった問題も出てきます。これらについては、それぞれの状況に応じて変わってきますので、分からないことがある場合は「みお」の弁護士にご相談ください。あなたの状況をしっかりと把握して、分かりやすく、ていねいにお答えします。

1分で知る離婚の法律
「女性の離婚のポイント」

弁護士への離婚相談で分かること

  • 夫の借金は「離婚が認められる借金」かどうか
  • 裁判で離婚を請求した場合の流れ・解決までの見通し
  • 離婚に関するお金の問題の解決方法
いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
Re-StartのLINE@はじめました。
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談