メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所

料理を一切しない妻とは離婚できるのか?

妻はいわゆる専業主婦。掃除や洗濯などはこなすものの、「料理は苦手」と炊事をせず、食事は買ってきた物か外食ばかり。仕事から帰ると、テーブルにカップ麺が置いてあるという有様。もうこんな生活は終わりにしたい・・・。

こんなとき、離活をどう進める?

「料理をしない」だけで、離婚するのは難しい。

仕事から戻ると、温かい妻の手料理が待っている・・・そんな生活に憧れる気持ちは、男性の目線からは理解することもできます。しかしながら、「料理をしない妻とは離婚する」というのは、妻の同意がある場合を除いて、認められることはまずありません。ただし、妻が料理をしないことが原因で、夫婦として通常の生活を送ることが困難になった場合には、離婚が認められる可能性はゼロではありません。

心得その1

料理をしないことでどんな影響があるのか?

一般的に、夫が働きに出て、妻が専業主婦という家庭であれば、妻には家事や育児を担うことが求められます。このケースは「料理をしない」という点のほかに大きな問題はなさそうですので、夫婦の役割分担ができておらず、婚姻を継続し難い重大な事由があると認められる可能性は低いと思われます。ただし、妻が料理せずに外食などを繰り返すあまり、常識的な範囲を超える食費がかかっているといった状況であれば、経済的にどの程度のダメージがあるのかを明らかにする証拠を残しておきましょう。そして、まずはその証拠をもとに、妻と話し合いの場を設け、改善に努めることが必要です。いずれにしても、妻に対する不満がさらに大きくなり、これ以上の関係悪化につながらないように話し合うことは大切です。それでも改善されない場合は、離婚を視野に入れても良いかもしれません。

心得その2

家事全般や育児まで放棄している場合は?

妻が料理をしないというだけでなく、掃除や洗濯といった基本的な家事を疎かにしていたり、子どもがいるにも関わらず、正当な理由もなく子育てを放棄してしまっているという場合については、夫婦や家族として共同生活を継続していくことが難しいと考えられるため、離婚が認められる可能性はあります。ただし、ここでひとつ考えておきたいのは、「仕事が忙しい」などと言って、夫が家事や育児に一切関与しなくても良いという訳ではないことです。共同生活が上手くいくように、お互いにできること、できないことを理解し合って、協力関係を築くことが大切です。

心得その3

共働きの場合は夫婦の協力が大切。

夫婦が共働きの場合、家事や子育てに夫の協力が不可欠になってきます。夫が「家事や子育ては妻の役割だ」などと主張して協力をすることもなく、妻の家事や子育てに不満を抱いていたとしても、離婚が認められることはまずありません。夫の非協力的な態度にこそ問題があるからです。まったくその逆で「私も仕事をしているから」といって、妻が家事や子育ての一切を放棄してしまい、夫だけで家事や子育てまでを担っている状況であれば、婚姻を継続し難い重大な事由として離婚が認められる可能性も出てくるでしょう。

1分で知る離婚の法律
「男性の離婚のポイント」

弁護士への離婚相談で分かること

  • ■離婚原因に該当するかどうかの判断
  • ■離婚に向けた話し合いの進め方
いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
LINE公式アカウント
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談