メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所
23

不倫がバレて離婚に発展、自分が悪いと分かっていてもあきらめられない。

Tさん/20代/会社員
結婚歴 5年
子ども 1人
離婚原因 夫の浮気
解決方法 協議離婚
解決までの期間 半年
分類 不倫・浮気男性離婚を求められた面会交流
離婚の理由・原因は?

自分の不倫が原因で離婚に発展。 できればやり直したいと思うものの…。

Tさんはつい出来心で職場の同僚と不倫関係になり、妻にバレてしまいました。猛反省し、もちろんすぐに不倫相手との関係は解消し、ひたすら妻に謝るTさんでしたが、一度失った信頼は二度と戻らないと言って妻は子供を連れて実家に帰ってしまいました。
その後、妻から離婚したいという連絡がきました。Tさんとしては二度と不倫はしないし反省もしている、なによりも愛娘と一緒に暮らせなくなるのが辛く、できればやり直しさせてほしいと考えていました。しかしある日、妻の代理人である弁護士から離婚協議申し入れ書が届きました。

弁護士に相談した理由は?

このままでは何もできないまま離婚されてしまう…。

妻が弁護士に依頼したことを知って、妻が本気であることをTさんは悟りました。とはいえTさんもあきらめるわけにはいきません。なんとかうまく収める方法はないものかとTさんも弁護士に相談することにしました。
Tさんは不倫をし、それを認め、証拠もあります。原因はTさんにあるので、本人がどれだけ離婚をしたくないと言っても難しい。そして、いかに子供を愛しているといっても主に育児をしているのは妻である以上親権の獲得も難しく、慰謝料についても一定額は覚悟する必要があるというのが弁護士の見立てでした。厳しい状況ですが、まずは自分の状況を冷静に受け止め、そこからどうしたいか考えましょうとアドバイスしました。

弁護士に相談した結果は?

条件を飲む代わりに子供との交流機会を最大限確保。

弁護士の話を聞いて、Tさんはやり直したいという自分の考えが甘かったことに気づき、離婚はやむなしと納得することができました。そして、自分が育児をしていたわけではないので親権獲得もあきらめるが、せめてこれから先も子供には最大限関わっていきたいというのがTさんの一番の望みでした。
Tさんの考えがまとまったことで、双方の代理人が協議を開始。弁護士は慰謝料や収入に応じた養育費の支払いにも応じると約束してTさんの誠意を見せ、子供との交流に関しては最大限譲歩してもらえるように粘り強く交渉しました。その結果、月2回の面会交流、祖父母を含めた宿泊交流の機会などを認めてもらい、離婚協議書を作成し、離婚が成立しました。

"相談して良かった!" ポイントは?

専門家の見解を聞くことであきらめがついた。

「自分が悪いとは思っているけれど反省しているからやり直したい」というTさんの最初の要望は、残念ながら叶えられるものではありませんでした。できること、できないことを当事者自身が冷静に判断し、整理することは難しいことです。Tさんは弁護士から法律の専門家としての見解を聞くことで、自身の要望が無理なものであることに納得できました。そして弁護士の提案によって、離婚に関してはあきらめるしかないけれど、その代わり子供に関する部分はできるだけ譲歩してもらおうと前向きに考えることができました。

子供に関する取り決めを協議書に残すことができた。

子供の面会交流に関しては、離婚協議時に取り決めはしたものの思うように実現されないケースも、実際問題としては少なくありません。やっぱり子供と会わせたくない、何度か面会交流をしたものの大変だった、成長するにつれて子供が多忙になりスケジュールが合わないなど、反故にされる理由はさまざまです。Tさんは今後も積極的に子供とか変わっていきたいと強く希望されていたので、その旨をしっかり協議書に記載して、面会交流の実効性をできるだけ担保できるようにしました。

弁護士 大畑亮祐
からのアドバイス

子供との面会交流を取り決めどおりに実行するのは意外と難しいものです。離婚した者同士が連絡を取り合って日程を決めて、お互いに待ち合わせ場所まで子供の送り迎えをするのは親権者からすると煩わしいことです。そのため、実際には年々少しずつ回数が減っていったという事案もあります。。思うように面会交流が実現しない場合には、面会交流調停の申立てを行ったり、一度調停を経た事案では履行勧告や間接強制の申立てを行う場合もあります。いずれにせよ、実行可能な面会交流の回数や方法を離婚協議時からしっかりと話し合っておくことが大切です。言った言わないで後々トラブルにならないよう、離婚を決めた際には弁護士にご相談ください。

いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
Re-StartのLINE@はじめました。
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談