メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所

色々な離婚原因

離婚の原因は人それぞれ。「性格の不一致」で離婚はできる?

ご夫婦が別れてしまう原因は色々ですが、不貞や暴力など、どちらが悪いかはっきりしているものもあれば、どちらが悪いと言い難いものもあります。これといった原因はないけれど、いつの間にか関係が破綻してしまった場合もあるでしょう。いずれにしても、協議離婚を望まれるなら、お二人で納得するまで話し合う必要がありますし、裁判離婚をする場合は、原因が、法律で定められた原因に該当することを主張立証しなければなりません。

たとえば「性格の不一致」の場合は?

「性格の不一致」は協議離婚の原因のトップと言われますが、法定離婚原因ではありません。合意していればもちろん問題ないのですが、一方的に離婚話を持ち出した場合、あまりにも漠然としているので、相手方がすんなり同意するとは考えにくく、調停に持ち込んでも成立しないと思われます。もちろん、裁判になっても、これだけでは法定離婚原因の「婚姻を継続しがたい重大な事由」とは認められないでしょう。
しかし、「性格の不一致が原因で長く別居している」など、既に夫婦関係が破綻していることが証明できれば、裁判離婚が認められることもあります。

たとえば「金銭トラブル」の場合は?

  • 借金は
    借金の問題も、協議離婚の原因の上位に入っていますが、「法定離婚原因」ではありません。
    しかし、
    ①夫(妻)の借金が、夫婦の生活が成り立たない程の金額である場合や
    ②取立の厳しさから社会生活が困難な状況に陥ってしまった場合は
    「婚姻を継続しがたい重大な事由」として、裁判離婚が認められる可能性があります。
    ギャンブル・借金
  • 破産は
    借金の結果、夫(妻)が破産しても、破産は「法定離婚原因」に含まれないので、それだけを原因に裁判離婚はできません。 破産は、これまでの債務を整理して経済的な更生を図る制度です。社会生活が困難な状況から脱却するための前向きな手段ですので、破産自体が婚姻を継続しがたい重要な事由にあたらないため、「法定離婚原因」に含まれないのです。

個々の事情で判断されます

「法定離婚原因」でなくても、「夫婦関係が破綻している」「家族の社会生活が困難な状況に陥っている」と判断されると、個々の事情を裁判所が判断して、離婚が認められる場合があります。夫婦関係の修復はムリと思われるなら、離婚問題の経験が豊富な弁護士に相談してみることをおすすめします。

例えば、こんな原因は可能性があります。

・生活費を渡さない
・定職に就かない
・実家に入り浸って帰ってこない
・行方がわからない
・暴力・DV
・性的問題
・同居の家族との不和
・双方の家族の不和
・過度な宗教活動や、信仰の対立。
・犯罪行為・服役

Point1

原因は同じでも、個々の事情によって、裁判離婚が認められたり、認められなかったりします。

Point2

別居期間が長いなど、既に、夫婦関係が破綻している場合や、何らかの原因で家族の社会生活が困難な状況に陥っている場合は、「法定離婚原因」に該当しなくても、裁判離婚が成立する場合があります。

いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
Re-StartのLINE@はじめました。
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041
初めての離婚相談