メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所

あなたとパートナーの「両方が不倫している」

こんなとき、どうする?

配偶者にも相手がいた!

発覚を恐れながら秘密の関係を続けていたら、自分の配偶者も不倫をしていた。自分はちょっとした浮気のつもりだったのに、向こうは本気?それとも、自分への当てつけ?いつの間にか家庭が崩壊していたことに気がついて愕然とする。こんな状況になってしまったら、修復は非常に困難になります。また、不倫相手が既婚者であった場合、俗に言うW(ダブル)不倫となり、さらに難しい状況となります。

法的視点で見てみると…

双方の「不法行為」です。

双方が「不貞行為」を行っていたわけですから、夫、妻ともに浮気相手の配偶者および相手に対して損害賠償責任を負います。ただし、確実な証拠を持っていなければ「不貞行為」は立証できません。片方だけが証拠を持っていた場合、証拠を持っていない側が慰謝料を請求されることになります。また、その浮気相手に配偶者がいた場合、その配偶者から慰謝料を請求される可能性もあります。つまり、自分の配偶者と不倫相手の配偶者から、二重に慰謝料を請求されるという最悪のケースもありうるわけです。

弁護士からのアドバイス

「不貞行為」の立証がポイントです。

もちろん「浮気・不倫」をしていたのですから、双方に非はありますが、法律的にはその「不貞行為」が立証されるかどうかによって結果は大きく変わってきます。確実な証拠と言えるものを用意できれば、慰謝料を請求することもできるわけです。確たる証拠がなければ、それは「疑い」でしかなく、事実と認定されるのが難しくなります。

相談のポイント

過去よりもこれからの生活を考えましょう。

相手の非を責めるだけでなく、自分の非をみつめ、なぜこうなったのかをじっくり話し合いすべてを清算することができたならば、もういちどやりなおせるかもしれません。縁があって結婚したのですから。ただ、互いに完全にすれ違ってしまったと認識したのならば、泥沼の闘いを繰り返すのは精神的にも疲弊するだけですし、時間の無駄です。スムーズに次のステップへ向かうことが得策でしょう。うまく話し合いがすすまないようならば、さまざまなケースを解決してきた法律の専門家である弁護士に相談することで、効率よく納得のいく解決をめざすことができます。

1分で知る離婚の法律
「浮気・不貞離婚のポイント」

離婚の原因はさまざまですが、ご相談で多いのは、やはり浮気・不倫の問題です。浮気・不倫を理由に離婚を考える場合、「証拠集め」の段階から、慰謝料の請求や裁判への発展なども考慮して、常に冷静な対応が求められます。そして、「冷静な対応」のために必要な対策・準備を事前に知っておくことが大切です。そこで、浮気・不倫による離婚相談の経験・解決事案の豊富な「みお」の弁護士が、その求められる大切なポイントを詳しくご説明します。

Web予約はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
LINE公式アカウント
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談