メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所

離婚後に発覚「元夫元妻の浮気・不倫」

こんなとき、どうする?

「離婚が成立」した後でわかった!

いろいろな手続きが完了して、ほっとした後で発覚した元配偶者の「浮気・不倫」。大きな波をやっと乗り越えて新しい生活をスタートしていたのに、もう一度引き戻される衝撃にひどく気持ちがかき乱されることと思います。離婚がすでに成立した後だから、もう済んだことだからとあきらめますか?

法的視点で見てみると…

離婚成立後でも慰謝料の請求できる可能性があります。

判明した「不貞行為」が、婚姻関係の破綻していない期間にあった場合、元配偶者とその相手それぞれに不法行為に対する「損害賠償請求」=慰謝料を請求することができます。もちろん、不貞行為を立証できる確たる証拠が必要となります。
離婚の際に作成した公正証書があるため、慰謝料を請求できないと双方が思いがちですが、錯誤(知らなかったこと)を主張する余地があります。つまりその時点では浮気・不倫をしていたことを知らなかったわけですから、請求権を主張することができるのです。

弁護士からのアドバイス・その1

「不貞行為」の立証には証拠が必要です。

慰謝料を請求するには、まだ婚姻関係を継続していた期間に「不貞行為」があったことを証明する確たる証拠が必要です。また、元配偶者がその関係を認めたり、明らかな証拠が判明した場合は、スムーズに慰謝料を請求することができるでしょう。
ただし、3年間という時効があります。元配偶者の「不貞行為」が発覚した時点から、3年以内でないと慰謝料の請求ができなくなります。速やかに弁護士に相談して、話し合いに進めましょう。

弁護士からのアドバイス・その2

公正証書があっても、請求できます。

公正証書は裁判で決まったことと同じ効力があるので、原則として取り決めたことを変更することはできません。しかし、離婚が確定する前、まだ婚姻関係にあった期間の「不貞行為」であることが立証できれば、その事実を知らなかったわけですから、慰謝料を請求することが可能になります。
ただし、その期間にすでに別居していたり、婚姻関係が破綻していたと認められたら請求することはできません。

弁護士からのアドバイス・その3

元配偶者からの一方的な離婚請求だった場合。

婚姻関係が破綻していなかったのに、不貞の事実を隠され、一方的に離婚を求められ、仕方なく応じたというケースがままあります。そういうケースで、離婚後に「不貞関係」が発覚した場合、本来不貞が婚姻関係の破綻の原因であるわけですから、慰謝料を請求しましょう。もちろん、その相手にも請求することができますが、相手が婚姻関係にあることを知っていたのか否か、不貞関係の期間の長さなどで、悪質度がはかられ慰謝料の額は変わります。やはり、きちんと情報や証拠を掴むことが重要です。
経緯やあなたの希望によっては、離婚の無効も検討した方がいいかもしれません。

相談のポイント

あきらめずに取り組みましょう。

済んでしまったこと、公正証書を盾にされるなどとあきらめず、自分の権利を守るために努力しましょう。まず、証拠を用意すること。必要な情報や書類を用意して、弁護士に相談することをおすすめします。それまでの状況や相手側の対応などによって、請求できる金額などが変わってきます。さまざまなケースに対応してきた弁護士だからできる、緻密で効果的な交渉が、より有利でスムーズに解決へと導いてくれるはずです。離婚の成立に疲弊しているところへ、もう一度話し合いを重ねるということは、精神的にも負担の大きな事でしょうが、明日からの人生のためにも、気持ちを強く持って前向きに取り組みましょう。

1分で知る離婚の法律
「浮気・不貞離婚のポイント」

離婚の原因はさまざまですが、ご相談で多いのは、やはり浮気・不倫の問題です。浮気・不倫を理由に離婚を考える場合、「証拠集め」の段階から、慰謝料の請求や裁判への発展なども考慮して、常に冷静な対応が求められます。そして、「冷静な対応」のために必要な対策・準備を事前に知っておくことが大切です。そこで、浮気・不倫による離婚相談の経験・解決事案の豊富な「みお」の弁護士が、その求められる大切なポイントを詳しくご説明します。

Web予約はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
LINE公式アカウント
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談