特集記事
  • 子どもの養育費対策
  • 浮気・不倫の離婚対策
  • DV・ハラスメント特集
  • 熟年離婚特集
  • 養育費シミュレーション
  • 婚姻費用シミュレーション
  • 離婚協議書手続サポート
Re-Start
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
09

モラハラを繰り返す夫との交渉は難航。弁護士の介入で早期の離婚が成立。

Eさん/40代/看護師
結婚歴 17年
子ども 3人(中学生・小学生2人)
離婚原因 夫のモラハラ
解決方法 協議離婚
解決までの期間 3ヶ月
分類 その他モラハラ女性離婚を切り出した
離婚の理由・原因は?

夫からのモラハラに耐え続けたものの、子どもへの影響も考え離婚を決意。

Eさんと夫が結婚してから17年。結婚当初から、Eさんは夫からの度重なるモラハラに苦しんできました。Eさんは、夫から理由もなく怒鳴られたり、ちょっとした失敗をすると馬鹿にされるといったモラハラ行為を受けてきました。夫はモラハラを起こす人のパターン通り、今までの行動を反省し、同情を誘うような言動をしたかと思えば、急に豹変し「なぜこんなに謝っているのに、お前は受け入れてくれないのだ」などと逆ギレする始末…。
次第に子どもたちも夫を怖がるようになっていたこともあり、Eさんは離婚を決意しました。

弁護士に相談した理由は?

親族を交えた話し合いの場でもモラハラを受け、自力での解決を断念。

離婚を決意したEさんは、両家の親族を交えて話し合いをすることにしたものの、話し合いの場でも夫の態度が変わることはありませんでした。Eさんは、親族の前でもいつも通りに夫から罵詈雑言を浴びせられ、離婚の交渉をすること自体に精神的な負担を感じるようになり、やがて体調を崩してしまいました。このままでは、夫と話し合いを進めることは難しいと判断したEさんは、離婚の交渉を当事務所の弁護士に依頼することにしました。

弁護士に相談した結果は?

難航していたモラハラ夫との交渉も、弁護士への依頼でスピード解決。

Eさんからの依頼を受けた弁護士は、夫と離婚の交渉を開始しました。当初、夫はEさんとの離婚を頑なに拒否していましたが、裁判所での離婚調停を嫌がり、最終的には話し合いでの離婚に応じました。その後、夫は財産分与で争う構えを見せましたが、Eさんは「子どもの養育費」を確保することと、早期の新生活の開始を最優先事項としていたため、弁護士はその方向で夫と離婚条件について交渉し、公正証書の作成に漕ぎ着けました。
当初は思うように進まなかった離婚の話し合いでしたが、弁護士に依頼することで、約3か月で問題を解決させ、Eさんとお子様は安心して新たな生活を歩み始めることができました。

"相談して良かった!" ポイントは?

弁護士に話し合いや手続きを一任することで、精神的負担を軽減できる。

Eさんは、夫との交渉を弁護士に一任したことによって、夫と連絡を取り合うことがなくなり、精神的な安定を取り戻されました。ご依頼前のEさんは、夫からの暴言や、理由や根拠もなく突きつけられる離婚条件の内容に憔悴されていましたが、ご依頼後は「夫との交渉」という大きな負担が軽減したことで、少しづつ体調も回復されていったようです。

話し合いを有利に進めるためにも、できる限りの「証拠」を残しておく。

Eさんは、弁護士への相談時に、夫との話し合いの際に録音した音声や、夫からのメール、精神科のカウンセリングの受診記録など、夫のモラハラの証拠を持参されました。
モラハラで「婚姻を継続しがたい重大な理由」を立証することは大変です。しかしながら、弁護士の視点で見たところ、少なくとも離婚調停に至った場合に、「調停をスムーズに進められるだけの資料」が揃っていると感じられました。
結果的に調停をすることはありませんでしたが、Eさんが先の見通しをもって準備されていた数々の証拠は、夫との交渉・協議に役立つものとなりました。

優先事項を明確にして交渉を進め、大切なお金の約束は公正証書に残す。

今回のケースがスピード解決に至ったのは、Eさんが夫との交渉によって得る「最優先事項」を絞ったことと、Eさんの夫も早期解決の方針に応じたことが大きく影響しています。しかし、早期解決と言っても、必要な離婚後の生活保障のすべてを、そう簡単に手放すわけにはいきません。離婚後の養育費については、弁護士が粘り強く夫と交渉を重ね、支払いの取り決めを公正証書に記載することができました。離婚条件を公正証書で残しておくと、養育費の支払いが滞った場合には、強制執行による差し押さえが容易になります。

弁護士 大畑亮祐
からのアドバイス

夫婦間のモラハラを原因とする離婚では、そもそも相手の暴言などにより、当事者同士では離婚の協議をうまく進められないケースが多々あります。弁護士に依頼された場合には、弁護士が依頼者に代わって離婚の交渉をすることができますから、その間、離婚協議に関する精神的な負担を軽減できます。モラハラの加害者は、配偶者に対し、自分があたかも法律に詳しいかのように振る舞うこともよくありますが、弁護士であれば根拠のない理屈に言いくるめられることもないので、その点でも安心です。相手からのモラハラによって、離婚の協議が思うように進められないと感じておられる方は、一度、弁護士に相談されることをお勧めします。

個別相談会
2024年10月17日(木) 10:00~17:00(各回一時間枠)
大阪事務所
担当:
弁護士 小川 弘恵
2024年9月11日(水) 10:00~17:00(各回一時間枠)
大阪事務所
担当:
弁護士 小川 弘恵
2024年8月22日(木) 14:00~17:00(各回一時間枠)
大阪事務所
担当:
弁護士 小川 弘恵
離婚相談セミナー

同じカテゴリの事例

「離婚しよう…」と思ったら
弁護士法人みおにご相談ください
裁判だけではなく
合意による円満な解決を目指します
「みお」に依頼する3つのメリット
  • 1感情的な相手と直接話さずに、離婚協議を進められます
  • 2親権や養育費、財産分割で適正な主張ができます
  • 3離婚後の生活を踏まえたアドバイスが聞けます

弁護士法人みお
ご相談者様への
お約束

お一人おひとりの状況を詳しくお聞きし、ベストな解決方法をご提案します。
お問い合わせの多い「相談予約前に知りたいこと」
早期相談で早期解決
初回相談無料
女性も、男性も
0120-7867-30
相談予約フォーム
いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
LINE公式アカウント
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談