メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所
14

妻が精神的に不安定で話し合いができない!

Aさん/30代/会社員
結婚歴 3年
子ども 1人
解決方法 協議離婚
解決までの期間 4か月
離婚の理由・原因は?

妻が精神的に不安定になりトラブルが続出!

Aさんは、妻と結婚して子供1人を設けましたが、妻は、妊娠出産前後からもともとかかえていた精神疾患の症状が悪化し、それが原因と思われるトラブルが家庭の内外で目立つようになりました。Aさんは、家事育児を可能な限り担当するなどして妻のサポートに努めていましたが、状況が改善する見込みがなく、このままでは幼い子供にまで悪影響が及びかねないと考えるようになりました。そのため、Aさんは、妻との話し合いで自分の実家に子どもと共に一時的に戻ったのをきっかけに、苦渋の決断として離婚を決意しました。

弁護士に相談した理由は?

親権を取得したい。

Aさんは、精神的に不安定な妻に幼い子どもの養育を任せることに大きな不安を感じていたため、離婚後は自分が親権者になりたいと考えていました。しかし、いろいろと調べてみると、特に子どもが小さい場合には父親が親権を取得するのは難しいという情報が多かったため、なんとか良い方法はないかと、当事務所に相談に来られました。

弁護士に相談した結果は?

交渉により親権を取得したうえで離婚が成立

当事務所の弁護士は、Aさんからの依頼に基づき、妻及び後日妻が依頼した代理人弁護士との間で交渉を行いました。当初、妻も親権の取得を希望し、子どもを引き渡してほしいとの意向を示していましたが、交渉の結果、Aさんを親権者として協議離婚が成立するに至りました。

"相談して良かった!" ポイントは?

親権についての見通しをもって方針を選択できた

Aさんは、弁護士に相談することで、現在の実務では、子どもが幼い場合には母親が親権者となる傾向があるのが実情であるものの、子どもの福祉という観点から、それ以外のさまざまな事情も考慮されるため、必ずしも最初からあきらめる必要がないことが分かりました。
そのため、Aさんは、最終的には調停や審判といった法的な手続きも辞さないという方針のもと、まずは円満かつ迅速な解決を目指して代理人による交渉を試みるという選択をすることができました。

妻の立場や権利にも配慮した交渉により、早期解決ができた。

Aさんと妻の双方の弁護士間での交渉では、当初、妻も親権を希望する意向を示していました。これに対して、Aさんは、弁護士を通じて、妻の心身の状態や子どもの福祉のことを考えれば自らが親権者になるべきとの立場は明確に示しつつも、当事務所の弁護士からのアドバイスも踏まえて、離婚までの婚姻費用の支払や妻と子どもの面会交流には可能な限り誠実に対応する旨も併せて伝えました。
妻も、Aさんの誠意を組み、最終的には、Aさんを子どもの親権者として協議離婚をすることに妻の同意を得ることができました。

弁護士 澤田有紀
からのアドバイス

いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
Re-StartのLINE@はじめました。
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041
初めての離婚相談