メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所
12

長期別居後、所在不明だった妻と早期に離婚が成立

Aさん/40代/会社員
結婚歴 11年
子ども 1人
離婚原因 性格の不一致
解決方法 調停離婚
解決までの期間 6か月
離婚の理由・原因は?

性格の不一致と長期間の別居

Aさんは妻と婚姻後、子どもを一人設けましたが、次第にけんかが増え、5年後には離婚を決意し別居を始めました。
別居後数か月の間は、妻と連絡をとり離婚の話し合いをするなどしていましたが、話し合いはなかなかまとまらず、次第に連絡を取らなくなり、そのまま6年が経過しました。

弁護士に相談した理由は?

所在不明の妻、どこから手をつければ?

Aさんは、妻と別居して以降、妻の所在を把握していませんでした。
唯一の連絡先はメールと携帯だったのですが、妻はその後連絡先を変えたらしく、
Aさんは、妻との連絡手段が全くなくなってしまいました。

弁護士に相談した結果は?

相談から6か月で調停離婚が成立

Aさんからの相談を受けた当事務所の弁護士は、まず妻の所在調査から行いました。
その後、妻の所在が判明したため、妻へ手紙を送り協議を促しましたが、妻からの回答がなかったため、家庭裁判所へ調停を申し立てました。
調停において、弁護士は、早期に離婚したいというAさんの希望を実現すべく妻と交渉を重ね、
無事、調停が成立しました。

"相談して良かった!" ポイントは?

相手の所在がすぐに判明した!

離婚を見据えて別居を続けているうちに、相手方の所在が不明になってしまうことが、時に見受けられます。
ご自身での所在調査もできないことではありませんが、弁護士にご依頼いただくことでスムーズに所在調査を行うことができました

早期の調停申立と調停離婚成立

本件では、協議の段階で相手方と連絡を取ることができなかったため、最終的には調停不成立・裁判による判決での決着も視野に入れていました。裁判で判決を得るには、相当な時間がかかることが予想されますので、協議が困難であると判断した時点で調停申立を早急に行いました。結果的には、相手方が調停に出席し当方からの提案に応じたため、早期に離婚を成立させることができました。

弁護士 澤田有紀
からのアドバイス

Aさんは、仕事が忙しく、ご自身で妻の所在を調査することができませんでしたが、弁護士に依頼することで最終的に離婚成立まで進むことができました。
相手方の所在が分からない場合でも、弁護士に依頼することで所在が判明し、調停や協議で離婚が成立することがあります。また、所在が分からないままの場合でも、判決まで進むことで離婚が認められる場合があります。
当事務所では、本件のような事案も含めて、離婚に関するご相談を数多く受けておりますので、離婚に関して分からないことがあるなど悩まれている方は、当事務所までご相談いただければと思います。

いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3041
初めての離婚相談