特集記事
  • 子どもの養育費対策
  • 浮気・不倫の離婚対策
  • DV・ハラスメント特集
  • 熟年離婚特集
  • 養育費シミュレーション
  • 婚姻費用シミュレーション
  • 離婚協議書手続サポート
Re-Start
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
戻る
41

暴力的な夫と別れたいけれど、離婚を切り出す勇気が出ない。

Yさん/60代/会社員
結婚歴 30年
子ども 2人
離婚原因 夫のDV
解決方法 離婚訴訟
解決までの期間 2年6か月
分類 DV・暴力女性
離婚の理由・原因は?

器物破損や息子へのいやがらせ、暴力的な夫に耐えきれず離婚を決意。

子ども2人も独立して、2人きりになったYさん夫婦。特別不仲というわけではありませんでしたが、昔から不機嫌なことがあると物に当たる夫に対して妻のYさんは時折恐怖を感じ、夫婦ながら一線を引いて付き合おうと暮らしていました。そんな折、長男がうつ病を患い、実家に帰ってきたことで夫の態度が悪化。息子に対して目に余る態度や器物破損、怖い文言が入ったメールを送ってくるなど、不穏当な言動が目立ち、このまま一緒に暮らしていことはむずかしいと離婚を決意しました。しかし、その思いを暴力的な夫に直接告げる勇気はなく、Yさんは思い悩みました。

弁護士に相談した理由は?

暴力的な夫と上手く話し合って離婚できる気がしない。

離婚について調べていたところ、「みお」のホームページが目に止まり、弁護士に相談してみることにしました。夫からのメールや普段の行動を聞いた弁護士は、まずは夫に知られることなく別居することを提案しました。DVが悪化した場合、さらなる事件が起きないとも限らないので、居場所を知られることのないよう配慮したうえで弁護士が代理人となって離婚調停を進めることになりました。弁護士から受任の通知と調停の知らせを受けた夫は「DVなどしていない」「夫婦仲も悪くない」とYさんの主張を全面的に否定し、離婚することにも反対でした。

弁護士に相談した結果は?

弁護士を間に入れることで条件交渉がスムーズに。

「離婚したくない」、「そもそも夫婦仲は円満で離婚する理由がない」と言う夫と、離婚したいYさんとで意見が対立。弁護士は調停では解決しないと判断し、訴訟を提起しました。しかし、離婚原因となる夫のDVを立証するにはやや証拠が乏しく、夫は変わらず離婚は認めないの一点張りで、平行線のまま時間が過ぎていくばかりでした。別居期間がもうすぐ2年が経とうとするところで、裁判官からも「過去の経緯はともかく、別居期間も長くなってきた。Yさんにも収入があり、子どもも自立していることも踏まえ、この後さらにとことん争うとなると、婚姻関係を続けるのはむずかしいのではないか」と和解を提案され、夫も渋々納得することに。退職間近であったことから夫の退職金や夫名義の住宅について、財産分与に関する話し合いでもひと悶着ありましたが、最終的には住宅を売却したお金を半分に分けるということで合意に至りました。相談から解決まで2年半と少々時間はかかりましたが、無事離婚することができました。

"相談して良かった!" ポイントは?

時間はかかったものの、無事離婚が成立した。

DVやモラハラが原因の場合、「離婚したい」という気持ちを直接伝えることさえむずかしいものです。特に相手が離婚したくない場合は伝えたところで取り合ってもらえず、当事者同士で協議を進めるのは困難です。弁護士に依頼すると、相手との交渉はすべて弁護士が代理人となって行うため、離婚が成立するまで顔を合わせることもないため安心して離婚の交渉に臨むことができます。2年半という時間はかかりましたが、早い段階で弁護士に相談したことでYさん自身にも実家に戻っていた長男にも危害が及ぶことなく、無事離婚することができてよかったと喜んでおられました。

弁護士 加藤誠実
からのアドバイス

相手に不穏当な言動があり、離婚をお考えの場合は、お早めに弁護士に相談することをおすすめします。今回のケースは、同居中に「離婚を考えている」という段階でご相談に来られたため、安全に離婚を進めるためのアドバイスをさせていただくことができました。まず身の安全を確保するために引っ越しをして、それから弁護士の受任通知を送ることで、相手に引越し先を知られることなく離婚の交渉を行うことができます。もちろん、弁護士が代理活動を行うので、相手と顔を合わせることもありませんので、安心して普段どおりの生活を送ることができます。当事者同士で協議を進めるのはむずかしいと感じたら、ぜひ弁護士にご相談ください。

個別相談会
2024年6月7日(金) 10:00~17:00(各回一時間枠)
大阪事務所
担当:
弁護士 小川 弘恵
離婚相談セミナー

同じカテゴリの事例

「離婚しよう…」と思ったら
弁護士法人みおにご相談ください
裁判だけではなく
合意による円満な解決を目指します
「みお」に依頼する3つのメリット
  • 1感情的な相手と直接話さずに、離婚協議を進められます
  • 2親権や養育費、財産分割で適正な主張ができます
  • 3離婚後の生活を踏まえたアドバイスが聞けます

弁護士法人みお
ご相談者様への
お約束

お一人おひとりの状況を詳しくお聞きし、ベストな解決方法をご提案します。
お問い合わせの多い「相談予約前に知りたいこと」
早期相談で早期解決
初回相談無料
女性も、男性も
0120-7867-30
相談予約フォーム
いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
LINE公式アカウント
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談