メニューを閉じる
弁護士法人 みお綜合法律事務所
01

浮気をした挙げ句、婚姻費用を支払わない夫に、妻が取った手段とは?

Aさん/50代/専業主婦
結婚歴 35年
子ども 1人(成人)
離婚原因 夫の浮気
解決方法 裁判
解決までの期間 約1年半
分類 不倫・浮気女性婚姻費用慰謝料離婚を切り出した
離婚の理由・原因は?

夫の出張の回数が増えた理由は、出張先の愛人だった!

主婦のAさんには、35年間連れ添った会社員の夫がいました。もともと地方出張が多かった夫でしたが、次第にその回数は増え、出張の期間も長くなりました。不審に思ったAさんは出張先の夫を尾行。残念なことにAさんの悪い予感は的中し、夫が出張先に愛人を作っていることが分かりました。そこでAさんは、夫が浮気している証拠の数々を積み上げた後、夫に浮気を認めさせました。夫を信じ、懸命に家庭を守り、子育ても頑張ってきたAさんでしたが、夫の「裏切り」とも言える行為をどうしても許すことができず、別居・離婚という道を選択しました。

弁護士に相談した理由は?

約束したはずの婚姻費用・慰謝料を支払ってもらえない!

Aさんは別居を機に夫と話し合いをして、Aさんが生活するために必要な婚姻費用(生活費)を、夫が支払うという約束をしました。別居生活が始まった最初のうちは、Aさんの銀行口座に、夫からの婚姻費用の振り込みがありました。しかし、数ヶ月後には振り込みがなくなってしまいました。婚姻費用のほかにも、慰謝料の支払いを約束していましたが、その支払いは1度もありません。そこでAさんは、夫に約束通り婚姻費用と慰謝料を支払ってもらう方法について、弁護士に相談することにしました。

弁護士に相談した結果は?

夫の給与を差し押さえて婚姻費用を回収!裁判を経て離婚成立。

Aさんからの相談を受けた弁護士は、早速、家庭裁判所に対して「調停の申し立て」という手段を取りました。調停の申し立てを行ったことで、支払いが滞っていた婚姻費用を「夫の給料の差し押え」によって無事に回収することができました。
さらに、Aさんは正式な離婚を求めて話し合いを継続するも、結論は裁判に委ねることになりました。途中、夫側から「財産分与の請求」が行われましたが、弁護士はこれまでの家計の状況等を示して夫側の主張を拒否。裁判の結果、Aさんの主張が全面的に認められ、無事に離婚を成立させることができました。

"相談して良かった!" ポイントは?

夫側の理不尽な主張に弁護士が反論!Aさんの主張が認められる。

Aさんと夫との話し合いは平行線をたどり、最終的な結論は「裁判」の結果に委ねることになりました。裁判の途中、夫側から「慰謝料の支払い条件」を緩和するよう求めるだけでなく、「財産分与」を求める主張をしてきました。夫からの思わぬ主張に納得のいかないAさんは、その主張は受け入れられないと拒否することにしました。
そこで弁護士は、Aさんの預貯金の取引履歴の整理、夫婦間のお金に関するその他の証拠などを準備し、夫側に反論を行いました。支払われるはずだった婚姻費用や慰謝料の支払いがないことはもちろん、結婚期間中にAさんが生活を守るためにコツコツ貯蓄を続けてきたこと、その反面、夫が浪費を繰り返して いたことなどを挙げて裁判所を説得。最終的にAさんの主張が全面的に認められました。

ショックを受けたAさんの精神的サポートも弁護士の役割。

Aさんは35年もの長きにわたる結婚生活の間、献身的に夫を支え続け、子育ても疎かにすることはありませんでした。さらに、二人の将来のためにと貯蓄にも励んでいました。そんなAさんの想いや努力をよそに、夫が不貞行為に及んだという事実に、Aさんは大きなショックを受けていました。弁護士がしっかりとAさんのお気持ちに寄り添い、じっくりとお話を伺いながら、一緒に解決方法を探っていくように心掛けました。その結果、徐々にAさんは元気を取り戻すことができました。そして、裁判での証人尋問も乗り越え、無事に勝訴判決を勝ち取ることができました。

弁護士 澤田有紀
からのアドバイス

パートナーに不審な行動があると、浮気を疑い、不信感が募ってしまうものです。そして、たとえ「夫の行動が疑わしい」「これ以上は信用できない」という状況になっても、「浮気の疑い」だけでは離婚できないのが実情です。このケースのAさんのように、確実な証拠を集めて、浮気が事実であることを証明しなければなりません。
また、離婚の際には、話し合いで決めた「離婚の条件」について、きちんと書面(離婚協議書)に記載しておくことが大切です。とくに、「お金」や「子ども」に関する重要な内容については、強制力のある「公正証書」にしておくことで、今回のようなトラブルを防ぐことができます。

同じカテゴリの事例

いざとなった時に便利
スマートフォンのホーム画面にショートカットを作成しよう!

操作方法はこちらへ

弁護士法人みお綜合法律事務所

(大阪事務所、京都事務所、神戸支店)
法律を“モノサシ”に、要求が通るか測ります。
ご相談予約はこちら 
0120-7867-30
受付時間 / 9:30~17:30
月曜日 ~ 土曜日
Web予約はこちらへ
Re-StartのFacebookページはこちらから
Re-StartのLINE@はじめました。
  • 弁護士法人みお 大阪事務所 / JR「大阪」駅直結

    〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階(ルクア大阪すぐ近く)
    TEL. 06-6348-3055 FAX. 06-6348-3056
  • 弁護士法人みお 京都駅前事務所 / JR「京都」駅から徒歩2分

    〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階(京都ヨドバシすぐ近く)
    TEL. 075-353-9901 FAX. 075-353-9911
  • 弁護士法人みお綜合法律事務所 神戸支店 / 阪急「神戸三宮」駅から徒歩すぐ

    〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階(神戸国際会館すぐ近く)
    TEL. 078-242-3041 FAX. 078-242-3042
初めての離婚相談